イタチの被害を撲滅せよ!捕獲や駆除はプロにお任せ

住宅

箱罠を設置する

2人の男性作業員

イタチ対策として一番有効なのが捕獲です。イタチは山奥から平野部などに生息している動物です。魚や鳥などを食料としている動物なので、養魚場や養鶏場などに多く被害をもたらしています。
最近では、食料が少なくなっており、侵入できないように、対策も行なっているので、市街地に降りており、ゴミや一般家庭に被害が発生するようになりました。中でも西日本ではチョウセンイタチによる被害が多発しています。
このチョウセンイタチの対策をするときに最適なのが箱罠での捕獲です。
対策としてにおいなどで刺激を与える忌避剤がありますが、すぐになれてしまうなどがあります。そういった理由から箱罠が最適な駆除方法になります。
イタチがいそうな場所などに設置して罠にかかるのを待つのですが、箱罠の中に唐揚げなどの鶏肉を入れて追うことで簡単に引っかかってくれます。
ここで注意して欲しいことは一匹捕獲したからといって安心しないことです。イタチは天井裏で繁殖していることも考えられます。そのため、数匹屋根裏にいる場合もあります。そのため複数回、箱罠を設置しておきましょう。
こういった捕獲は自分で行なうこともできます。しかし、イタチは見た目によらず、凶暴な性格を持っているので、専門家に任せることがいいでしょう。安全かつ素早く悩みを解決したい、安心感ある生活を取り戻したいと考えている方はぜひ、捕獲、駆除の専門家である業者に依頼するといいでしょう。そうすることで夜中に物音がならない生活が待っています。